home


「熱帯林の仲間とつながる」


ウータン・森と生活を考える会は、「森を守りたい」と願う熱い心を持った人々が集まった市民団体です。 オランウータン、テングザル、サイチョウ、昆虫、植物、菌類、微生物… 多くの命がつながりあって、何万年もの時をかけて作られた生物多様性の宝庫であり、 先住民にとっても、私たちにとっても、生きる糧を与えてくれるボルネオ島の自然豊かな熱帯林。 一度絶滅すると二度と戻ることのない種が多くいる生態系の減少を食い止める活動、 国内外のNGOや現地の村人とともに、保全し、再生する活動、 原因となるパーム油などの大規模開発による熱帯林破壊を日本の消費者に伝える活動を、 30年以上、市民の力で進めてきました。

「熱帯林破壊をとめる」「熱帯林を再生する」「熱帯林の問題を伝えて、仲間を増やす」ために、ウータンはメッセージを発信しています。ぜひみなさまのSNSなどでシェアしてください!ウータンをタグ付けして発信してくださるとうれしいです。

画像はこちらからダウンロードできます→ 熱帯林破壊と私たちの消費生活とのつながり

 

その他の最新情報はSNSをチェック!

topics

署名&シェアのお願い

京都府福知山市で稼働する三恵エナジー(三恵観光)のパーム油発電の近隣住民が騒音と悪臭に悩み、頭痛や吐き気や食欲不振に見舞われています♈️

大好きなお母さんと野生動物や熱帯林のいきものたちを助けるために、5歳の男の子が自らの意志で絵とお手紙を描きました🐵 署名とシェアにご協力いただけると幸いです😊

メッセージ

「ウータン・森と生活を考える会」では、2015年に起きた森林火災をよみがえらせようと現地の仲間たちと活動しています。 その様子をドキュメンタリームービーとして製作しました(中井信介監督)。

2015年に東京都9つ分以上の森が消失したインドネシアの大規模森林火災。たくさんの命が失われている貴重な熱帯林を、 かつて違法伐採や違法採掘をしていた村人が再生しようとしています。オススメの一作です。

【地球環境日本基金の助成により制作しました】

「森のある惑星」はじめました !

地球上でもかけがえのない場所であり、刻々と失われつつある、熱帯林の魅力を紹介するために、日本の熱帯林保全NGOが共同でウェブサイト「森のある惑星」を作りました。ぜひご覧ください!

(ロゴをクリックするとサイトが開きます)