home

10000 ha
15年で失われたインドネシア熱帯泥炭林

STOP !!

ウータン・森と生活を考える会は、暮らしとつながる熱帯林などを守るため、世界の人々と活動しています。

直近のイベント
8月
25
10:00 【満員御礼!今年度の募集は終了し...
【満員御礼!今年度の募集は終了し...
8月 25 @ 10:00 – 8月 31 @ 16:17
【満員御礼!今年度の募集は終了しました】森の中でのホームステイ ボルネオ島・エコツアー(ウータン・森と生活を考える会)
【満員御礼!今年度の募集は終了しました】 森の中でのホームステイ ボルネオ島・エコツアー http://hutangroup.org/?page_id=180 オランウータンの棲む豊かな森と 私たちの生活のつながりを体験し 地元の人たちとの交流から 日本でできることを考えるエコツアー ジャングルの中で植林をしたり 村でじっくりホームステイをする 日本とは一味も二味も違った夏休みを過ごしに ボルネオ島へ足を伸ばしてみませんか? ☆日時:2018年8月25日(土)~8月31日(金) ☆場所:インドネシア中央カリマンタン州タンジュン・プティン国立公園地区(ボルネオ島) ☆主な内容: ・オランウータンの研究で有名なタンジュン・プティン国立公園でのジャングル・クルージング。オランウータンの他テングザルなどボルネオ特有の動物に出会える! ・ボルネオ島で急速に森が失われている背景、多くの日用品に使われている「パーム油」の生産が起こしている問題について学びます。 ・森林保護・再生に取り組む地元NGOや村人と一緒に植樹や環境教育を体験します。 ・国立公園とアブラヤシ(パーム油の原料)農園とのはざまにある村でのホームステイ。4泊の滞在でホストファミリーや村の子ども達と仲良しに! *パンフレットはこちら: http://myticket.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/09c94a032c79c844fe59623de3d40c97.pdf ☆旅行代金:166,000円 (旅行代金に含まれないもの、燃油特別付加運賃:7,400円、関西空港使用料:3,040円、現地空港税:4,500円程度 *5月1日現在。為替レートや原油価格の変動により変わることがあります。渡航手続き費用、旅券印紙代、海外旅行保険、旅行日程に明示されていない飲食代、およびそれにともなう税、サービス料) *その他、予定航空会社等の詳細はこちら: http://myticket.jp/archives/hutan201808.html ☆お申し込み: エコツアーの主催者は旅行会社のマイチケットとなります。 こちらのウェブサイトからお問い合わせください。 http://myticket.jp/archives/hutan201808.html 【こんな方にオススメ!】 ・環境問題、熱帯林減少、パーム油の問題に関心がある。 ・植林活動や環境教育を体験したい。 ・ボルネオの自然を体感し、オランウータンなどの動植物に会いたい。 ・インドネシアの農村でのホームステイや村人たちとの交流に関心がある。 ・国際理解教育や開発教育に関心がある。 【これまでの参加者の声】 ・普段日本では味わえない経験や、出会い、またたくさんの知識を得ることができました。物の見方や考え方、価値観が大きく変わりました。(20代・男性・大学生) ・最も印象に残ったことは、村でのホームステイです。初めは言葉もわからず、日本とは文化も文明も違ってどうしようかと不安に思ったのですが、村人の優しさや子どもたちの笑顔に触れて不安もすぐに消え去りました。(20代・女性・大学生) ・景色が素晴らしい。流域に沿ってニッパヤシが生い茂るジャングル。私は、川と森が大好きで満足しました。(60代・男性) ・熱帯雨林の伐採で急激にオラウ―タン等の生息地が狭くなり絶滅の危機にある事や、マングロープの伐採で多くの地域が失われているのを見て、日本では考えていなかった自然破壊が進んでいることも知りました。(70代・男性) ・自身の研究テーマが「開発教育」で、現場で起こっている問題をリアルに表現し行うことへの難しさを感じていていました。この旅で、森と共に生きること、人と共に生きること、動植物、自然と共に生きることを五感で感じることができました。(20代・女性・大学院生) ・日本で森林復元活動に関わっているので、実際に現地で村人が主体になって苗木作りや、森の復元活動を行っている現場に行けたことはとても興味深かったです。(30代・女性・NPO職員) 【ウータン・森と生活を考える会とは】 「森を守りたい」と願う心をもった人々による市民団体。オランウータンを はじめ多様な生物が棲み、先住民に生きる糧を与えてくれるボルネオ島 の自然豊かな熱帯林を、国内外の NGO や現地の村人と共に保全・ 回復し、森林減少の要因となっている商品の消費国・日本での生活を 考える活動を、30 年間市民の力で進めてきました。 公式ウェブサイト: http://hutangroup.org/ エコツアーのページ http://hutangroup.org/?page_id=180  

メッセージ

「ウータン・森と生活を考える会」では、2015年に起きた森林火災をよみがえらせようと現地の仲間たちと活動しています。 その様子をドキュメンタリームービーとして製作しました(中井信介監督)。

2015年に東京都9つ分以上の森が消失したインドネシアの大規模森林火災。たくさんの命が失われている貴重な熱帯林を、 かつて違法伐採や違法採掘をしていた村人が再生しようとしています。オススメの一作です。

地球環境日本基金の助成により制作しました。【無断転載禁止】

理念

ウータン・森と生活を考える会は、「森を守りたい」と願う熱い心をもった人々が集まった市民団体です。オランウータンなど 数多くの生きものが棲み、先住民にとっても生きる糧を与えてくれるボルネオ島の自然豊かな熱帯林を、国内外のNGOや現地の 村人と共に、減少を食い止め回復し保全する活動や森林減少の要因となっている商品の消費者としての私たちの日本での生活を考える活動を25年以上、市民の力ですすめてきました。

topics

ウータン・森と生活を考える会では、2018年7月3日に行われた東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の持続可能な調達ワーキンググループにおいて、石崎事務局長がFSC、PEFC、SGEC等の森林認証制度の特徴や各認証の違い、課題等を情報提供しました。また、国産合板をもっと使うべきという提案もしました。7月11日付の日刊木材新聞に当日の様子がわかりやすく取り上げられました。

事の全文はこちらより

東京オリンピック・パラリンピックのオリンピックスタジアム建設では、多くのインドネシア・マレーシア産の合板木材がコンクリートの型枠などに使われ、一部は古くから問題を指摘されているサラワクの企業のものが使われていることがNGOから指摘されています。

詳しい解説はこちら

持続可能な調達のためには最低限FSC認証以上の認証材を使う、認証だけに頼らずにデュー・デリジェンスをしっかりする、できるかぎり国産合板を使う、などの配慮が考えられます。東京オリンピック・パラリンピックの調達基準は、東京都の今後の調達基準にも引き継がれるようなので影響力の大きいものとなる可能性があります。ウータン・森と生活を考える会では今後も注視し、意見を出していきたいと思います。みなさまもご支援をよろしくお願いします!