home

新着情報


直近のイベント
8月
10
12:00 ヴィーガン料理を作って食べて熱帯...
ヴィーガン料理を作って食べて熱帯...
8月 10 @ 12:00 – 15:00
ヴィーガン料理を作って食べて熱帯林問題を考えるランチイベント
ヴィーガン料理を作って食べて熱帯林問題を考えるランチイベント 日時:2020年8月10日(月・祝)12時~15時 場所:ルマ・ボルネオ https://www.instabase.jp/space/9438516068 大阪メトロ谷町線都島駅徒歩3分、JR桜ノ宮駅徒歩10分(大阪府大阪市都島区都島本通3-8-10) 参加費:1500円(食事代込み) お申し込み:https://docs.google.com/forms/d/1vnrKt2cZfrfBGO2mmoNnkf67AbzB-4FMSkcxQppOgO4/ 定員:20人(お申し込みが定員に達し次第、締め切らせていただきます) スケジュール:*状況により変更します 12:00〜13:00 ヴィーガンクッキング&ランチ 13:00〜14:00 ボルネオの熱帯林とパーム油、ヴィーガンとフォレストに関するトーク 14:00〜15:00 熱帯林やヴィーガンについての意見交換など自由に語らいましょう! 料理の内容: Vegan唐揚げ丼、味噌汁、神前先生の有機農園で作ったお野菜 オーガニックコーヒー、バナナと豆乳のスムージー *写真はイメージです!参加型ヴィーガンクッキングの導入として大豆ミートを使った簡単な揚げ物をみんなで作ります。 *食材調達によってメニューが変わる場合があります。 料理人: 佐々木康之さん(NPO法人いけだエコスタッフ) 音楽家・環境活動家・映像作家・まちづくり。所属しているNPOいけだエコスタッフでは、「菜食と環境」の観点からプラントベースレストラン「3RキッチンVegan」を運営し、シェフを務める。この取り組みが脱炭素チャレンジカップ2020において環境大臣賞市民部門金賞受賞。2020年7月よりNPO法人ベジタリアン協会の理事に就任。 トーク: 猪野木 大地さん(ヴィーガン・フォレスト・カフェ) ボルネオ島でオーガニックコーヒーを作ったり、有機農業をしていましたが、コロナの影響で帰国中。 環境保護とヴィーガンをコンセプトにしたヴィーガン・フォレストを大阪で試行。いずれはボルネオの熱帯林を守る仲間が作ったコーヒー豆を日本のカフェで提供したいと思っています。 石崎雄一郎(ウータン・森と生活を考える会) ボルネオの熱帯林を守る活動を30年以上続けるウータン・森と生活を考える会で事務局長をしています。 日本ではボルネオの熱帯林破壊とつながりの深いパーム油の問題についての啓発など学習会を行なっています。 Rumah Borneo https://www.facebook.com/Rumah-Borneo-107041967493238 熱帯林大好きメンバーが集まる、梅田からも近い、都会の中の秘密基地。 商店街の端っこに出現した、多民族フリースペースです。 *コロナウイルスの影響によりイベント内容は変更の可能性があります。 主催:NPO法人いけだエコスタッフ https://www.facebook.com/ikedaecostaff 、ヴィーガン・フォレスト・カフェ、ウータン・森と生活を考える会
9月
12
14:00 アマゾン熱帯林のいま〜ブラジル政... @ ルマ・ボルネオ
アマゾン熱帯林のいま〜ブラジル政... @ ルマ・ボルネオ
9月 12 @ 14:00 – 16:00
アマゾン熱帯林のいま〜ブラジル政権下の開発圧力に立ち向かう先住民〜 @ ルマ・ボルネオ
アマゾン熱帯林のいま 〜ブラジル政権下の開発圧力に立ち向かう先住民〜 肉牛牧畜や大豆栽培などの輸出用大規模農業開発、保護区内における違法の金採掘を含む地下資源開発、木材業者による盗伐…。アマゾンは今、開発による森林破壊で酷く乾燥化が進み、乾期の火災の拡大を招くという悪循環に陥っています。憲法で土地への権利が保障される先住民族保護区はアマゾンの森を守る最後の砦。しかし極右のボウソナロ政権は、保護区内で先住民族の同意なしに鉱物採掘を可能にする法案や、保護区の森を焼き払って違法に拡大した農地に恩赦を与える法案を次々に提出するなど、開発圧力はますます高まる一方です。生存の危機の中、先住民族はどのような抵抗運動を展開しているのでしょうか。ブラジルと長く関わり、またRFJの活動に同行して現地を取材し続けている下郷さんに、「経済(貧困対策)か森林保護か」という二元論で語られがちなアマゾンの問題に対して包括的な視点からお話しいただきます。 ゲスト:下郷さとみさん(ジャーナリスト) 日時:9月12日(土)14:00〜16:00(終了後、懇親会予定) 場所;ルマ・ボルネオ 大阪府大阪市都島区都島本通3-8-10 都島駅(大阪市営地下鉄谷町線)徒歩3分 https://www.instabase.jp/space/9438516068 参加費:無料 申し込み:以下の申し込みフォームからご記入ください。 https://bit.ly/3h06vip または contact-hutan@hutangroup.org まで、 お名前、連絡先、直接かオンラインか、懇親会の有無をお知らせください。 (プロフィール) 下郷さとみさん ジャーナリスト。ブラジル・リオデジャネイロのファベーラ(都市スラム)を主なフィールドに貧困層の民衆運動を長年取材。NPO法人熱帯森林保護団体(RFJ-Rainforest Foundation Japan)に協力してアマゾン森林保護と先住民族支援にも関わり、2015年からは毎年、支援対象地であるアマゾン南部シングー川流域の先住民族保護区を訪問している。2005年、農的暮らしを求めて東京から千葉県南部の農村に移住し、里山保全や地域創造活動に参加。アマゾンの森の民の生活のあり方に、人と自然が調和する場としての共通項「里山」を見い出している。著書に「抵抗と創造の森アマゾン」(共著/現代企画室)、「平和を考えよう」(あかね書房)、「地球の未来へ125の提案」(毎日新聞社)など。 主催:ウータン・森と生活を考える会 *本学習会は地球環境基金の支援を受けて開催します

「森のある惑星」はじめました !

地球上でもかけがえのない場所であり、刻々と失われつつある、熱帯林の魅力を紹介するために、日本の熱帯林保全NGOが共同でウェブサイト「森のある惑星」を作りました。ぜひご覧ください!

(ロゴをクリックするとサイトが開きます)

メッセージ

「ウータン・森と生活を考える会」では、2015年に起きた森林火災をよみがえらせようと現地の仲間たちと活動しています。 その様子をドキュメンタリームービーとして製作しました(中井信介監督)。

2015年に東京都9つ分以上の森が消失したインドネシアの大規模森林火災。たくさんの命が失われている貴重な熱帯林を、 かつて違法伐採や違法採掘をしていた村人が再生しようとしています。オススメの一作です。

【地球環境日本基金の助成により制作しました】

topics

署名&シェアのお願い

京都府福知山市で稼働する三恵エナジー(三恵観光)のパーム油発電の近隣住民が騒音と悪臭に悩み、頭痛や吐き気や食欲不振に見舞われています♈️

大好きなお母さんと野生動物や熱帯林のいきものたちを助けるために、5歳の男の子が自らの意志で絵とお手紙を描きました🐵 署名とシェアにご協力いただけると幸いです😊

その他の最新情報はSNSをチェック!