SDGs (持続可能な開発目標)

ウータンは長らくローカルNGO、村人、先住民等と活動し、現場の声を市民からの提言として、国際会議へ届けてきました。 国連で透明な参加型プロセスで策定され、全会一致で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)は、すべての国を含む包括的な 行動計画です。ウータンが保護を訴える熱帯林の減少は、先進国の消費も大きく関わっています。

ウータンは、SDGsの目標、
特に 12.持続可能な消費と生産、15.森林を含む陸上の資源、17.パートナーシップの早期実現を求めます。

人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標をかかげました。
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」として、国連加盟国国は、17の目標、169のターゲットに 向かい 2030年までに、諸目標を達成すべく力を尽くします。(※国連広報参照)

 詳細(※国連広報)

 ウータンの取組みとSDGs各目標の関係性

Process-1 目標12: つくる責任、つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

 ウータンの取り組み

  1. 熱帯林消失と日本の生活
  2. パーム油のための大規模プランテーション開発
  3. 日本の林業と世界の森林消失
  4. ラミン材キャンペーン

 対象となるターゲット

  1. ※検討中

Process-2 目標15: 陸の豊かさも守ろう

陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、 ならびに生物多様性損失の阻止を図る

 ウータンの取り組み

  1. 森の再生プロジェクト
  2. 原生種の苗作りと植林プロジェクト
  3. ボルネオ森林火災
  4. 失われる生物多様性

 対象となるターゲット

  1. ※検討中

Step-A 目標4: 質の高い教育をみんなに

すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

 ウータンの取り組み

  1. 未来を担う子供たちへの環境教育
  2. ボルネオエコツアー

 対象となるターゲット

  1. ※検討中

Step-B 目標8: 働きがいも経済成長も

すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する 

 ウータンの取り組み

  1. 原生種の苗作りと植林プロジェクト
  2. アグロフォレストリー

 対象となるターゲット

  1. ※検討中

Step-C 目標17: パートナーシップで目標を達成しよう

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

 ウータンの取り組み

  1. NGO仲間紹介 - 海外
  2. ボルネオ森林火災
  3. 国際会議での提言・働きかけ

 対象となるターゲット

  1. ※検討中

Process-3 目標13: 気候変動に具体的な対策を

気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

 ウータンの取り組み

  1. ボルネオ森林火災
  2. 森の再生プロジェクト
  3. 泥炭湿地と気候変動

 対象となるターゲット

  1. ※検討中

ウータンの取組みについてのお問い合わせはこちらのフォームをご記入願います。

もっと詳しく 次のアクションを導き出すリンクを設定します。