Calendar

3月
23
★地元ngoに聞く!ボルネオ島の森林再生と火災のリアル“現場話”(3/23大阪) @ サラヤ株式会社本町ビル5階 大会議室
3月 23 @ 19:00 – 21:00

☆ウータン・森と生活を考える会30周年記念☆
3/23・24大阪、26東京★地元ngoに聞く!ボルネオ島の森林再生と火災のリアル“現場話”

2015年、大規模森林火災により東京都10個分とほぼ同じ面積の熱帯林を失ったインドネシア。その最前線で消火活動を行ったローカルNGOスタッフであるイサムさんを招いて、現場のリアルをお話しいただきます。
イサムさんは、ボルネオ島のジャングルに囲まれる村で生まれ育ち、自給自足から違法伐採、そして森林再生NGOの仕事へと生活を変えていきました。
「仲間たちと苦労して築いた”俺たち”の植林地を森林火災で何度も奪われながら、なぜまだ木を植えるのか?」
「必要最低限の装備も揃わない中で果敢に消火活動をする原動力とは?」
などなど、当日は森林再生の現場で働くイサムさんの生の声をお聞きします!

【日時・場所】
①《大阪・晩》3月23日(金)19:00〜21:00
サラヤ株式会社本町ビル5階 大会議室
(大阪市中央区備後町 4ー2ー3)https://www.saraya.com/com_profile/kyoten/jigyosho/honmachi.html

②《大阪・昼》3月24日(土)14:00〜16:30
とよなか国際交流センター 会議室4
(大阪府豊中市玉井町1-1-1「エトレ豊中6階」)
http://www.a-atoms.info/access/

③《東京・晩》3月26日(月)18:30〜20:30
東京ウィメンズプラザ2階 第1会議室
(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/

【定員】①40人、②30人、③80人
申込先着順(定員になり次第締め切らせていただきます)

【参加費】無料

【講演内容】
1.現地の紹介映像「森をふたたび」上映
(ドキュメンタリー映像作家・中井信介さん撮影&編集)

2.特別講演「地元NGOに聞く!ボルネオ島の森林再生と火災のリアル“現場話”」
ゲスト:イサムさん
(本名:Samsuさん/FNPF — Friends of the National Parks Foundation)

3.ディスカッション「熱帯林を守るために私たちにできること」
①中西宣夫(サラヤ株式会社調査員、ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事)
②③石崎雄一郎(ウータン・森と生活を考える会事務局長、ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事)

*講演内容は事前に変更される可能性があります。

【お申込み】
以下のフォームからお申込みください。
https://goo.gl/gdSaKg
または、 info@hutangroup.org まで

【お問合せ】
ウータン・森と生活を考える会
info@hutangroup.org
または、090-8145-1146(担当:石崎)

主催:ウータン・森と生活を考える会
共催:ボルネオ保全トラスト・ジャパン
協力:気候ネットワーク、プランテーション・ウォッチ(予定)
協賛:サラヤ株式会社

*本講演は公益信託地球環境日本基金の助成を得て開催します。

3月
24
★地元ngoに聞く!ボルネオ島の森林再生と火災のリアル“現場話”(3/24大阪) @ とよなか国際交流センター 会議室4
3月 24 @ 14:00 – 16:30

☆ウータン・森と生活を考える会30周年記念☆
3/23・24大阪、26東京★地元ngoに聞く!ボルネオ島の森林再生と火災のリアル“現場話”

2015年、大規模森林火災により東京都10個分とほぼ同じ面積の熱帯林を失ったインドネシア。その最前線で消火活動を行ったローカルNGOスタッフであるイサムさんを招いて、現場のリアルをお話しいただきます。
イサムさんは、ボルネオ島のジャングルに囲まれる村で生まれ育ち、自給自足から違法伐採、そして森林再生NGOの仕事へと生活を変えていきました。
「仲間たちと苦労して築いた”俺たち”の植林地を森林火災で何度も奪われながら、なぜまだ木を植えるのか?」
「必要最低限の装備も揃わない中で果敢に消火活動をする原動力とは?」
などなど、当日は森林再生の現場で働くイサムさんの生の声をお聞きします!

【日時・場所】
①《大阪・晩》3月23日(金)19:00〜21:00
サラヤ株式会社本町ビル5階 大会議室
(大阪市中央区備後町 4ー2ー3)https://www.saraya.com/com_profile/kyoten/jigyosho/honmachi.html

②《大阪・昼》3月24日(土)14:00〜16:30
とよなか国際交流センター 会議室4
(大阪府豊中市玉井町1-1-1「エトレ豊中6階」)
http://www.a-atoms.info/access/

③《東京・晩》3月26日(月)18:30〜20:30
東京ウィメンズプラザ2階 第1会議室
(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/

【定員】①40人、②30人、③80人
申込先着順(定員になり次第締め切らせていただきます)

【参加費】無料

【講演内容】
1.現地の紹介映像「森をふたたび」上映
(ドキュメンタリー映像作家・中井信介さん撮影&編集)

2.特別講演「地元NGOに聞く!ボルネオ島の森林再生と火災のリアル“現場話”」
ゲスト:イサムさん
(本名:Samsuさん/FNPF — Friends of the National Parks Foundation)

3.ディスカッション「熱帯林を守るために私たちにできること」
①中西宣夫(サラヤ株式会社調査員、ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事)
②③石崎雄一郎(ウータン・森と生活を考える会事務局長、ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事)

*講演内容は事前に変更される可能性があります。

【お申込み】
以下のフォームからお申込みください。
https://goo.gl/gdSaKg
または、 info@hutangroup.org まで

【お問合せ】
ウータン・森と生活を考える会
info@hutangroup.org
または、090-8145-1146(担当:石崎)

主催:ウータン・森と生活を考える会
共催:ボルネオ保全トラスト・ジャパン
協力:気候ネットワーク、プランテーション・ウォッチ(予定)
協賛:サラヤ株式会社

*本講演は公益信託地球環境日本基金の助成を得て開催します。

3月
26
★地元ngoに聞く!ボルネオ島の森林再生と火災のリアル“現場話”(3/26東京) @ 東京ウィメンズプラザ2階 第1会議室
3月 26 @ 06:30 – 08:30

☆ウータン・森と生活を考える会30周年記念☆
3/23・24大阪、26東京★地元ngoに聞く!ボルネオ島の森林再生と火災のリアル“現場話”

2015年、大規模森林火災により東京都10個分とほぼ同じ面積の熱帯林を失ったインドネシア。その最前線で消火活動を行ったローカルNGOスタッフであるイサムさんを招いて、現場のリアルをお話しいただきます。
イサムさんは、ボルネオ島のジャングルに囲まれる村で生まれ育ち、自給自足から違法伐採、そして森林再生NGOの仕事へと生活を変えていきました。
「仲間たちと苦労して築いた”俺たち”の植林地を森林火災で何度も奪われながら、なぜまだ木を植えるのか?」
「必要最低限の装備も揃わない中で果敢に消火活動をする原動力とは?」
などなど、当日は森林再生の現場で働くイサムさんの生の声をお聞きします!

【日時・場所】
①《大阪・晩》3月23日(金)19:00〜21:00
サラヤ株式会社本町ビル5階 大会議室
(大阪市中央区備後町 4ー2ー3)https://www.saraya.com/com_profile/kyoten/jigyosho/honmachi.html

②《大阪・昼》3月24日(土)14:00〜16:30
とよなか国際交流センター 会議室4
(大阪府豊中市玉井町1-1-1「エトレ豊中6階」)
http://www.a-atoms.info/access/

③《東京・晩》3月26日(月)18:30〜20:30
東京ウィメンズプラザ2階 第1会議室
(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/

【定員】①40人、②30人、③80人
申込先着順(定員になり次第締め切らせていただきます)

【参加費】無料

【講演内容】
1.現地の紹介映像「森をふたたび」上映
(ドキュメンタリー映像作家・中井信介さん撮影&編集)

2.特別講演「地元NGOに聞く!ボルネオ島の森林再生と火災のリアル“現場話”」
ゲスト:イサムさん
(本名:Samsuさん/FNPF — Friends of the National Parks Foundation)

3.ディスカッション「熱帯林を守るために私たちにできること」
①中西宣夫(サラヤ株式会社調査員、ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事)
②③石崎雄一郎(ウータン・森と生活を考える会事務局長、ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事)

*講演内容は事前に変更される可能性があります。

【お申込み】
以下のフォームからお申込みください。
https://goo.gl/gdSaKg
または、 info@hutangroup.org まで

【お問合せ】
ウータン・森と生活を考える会
info@hutangroup.org
または、090-8145-1146(担当:石崎)

主催:ウータン・森と生活を考える会
共催:ボルネオ保全トラスト・ジャパン
協力:気候ネットワーク、プランテーション・ウォッチ(予定)
協賛:サラヤ株式会社

*本講演は公益信託地球環境日本基金の助成を得て開催します。

4月
14
【第10回パーム油学習会】泥炭地回復への挑戦とエンタイトルメント~人々の積極的参加を得るには?~ @ 大阪聖パウロ教会
4月 14 @ 13:30 – 16:30

研修・セミナー名称:【第10回パーム油学習会】泥炭地回復への挑戦とエンタイトルメント~人々の積極的参加を得るには?~

 

 

泥炭地回復への挑戦とエンタイトルメント

~人々の積極的参加を得るには?~

ウータン・森と生活を考える会ではボルネオ島の熱帯林減少に大きな影響を与えている「パーム油」に焦点を当てた学習会を一昨年より続けており、毎回好評を博しています。パーム油プランテーションのように大規模な熱帯泥炭林破壊を伴わない持続可能な産業のあり方として、「パルディカルチャー」という地元の種の植樹や土地を乾燥させない形の農業が期待されています。しかし、インドネシア政府により進められている再湿地化、再緑地化、生計の再構築をめざしたプロジェクトは、必ずしも住民の積極的参加を得ているとは言えないようです。住民が直面する土地権の不確定状態の改善、資金の貸付や教育へのアクセス、前貸し制度に依存しない販路の確保などのより基本的な権利の回復を含めることでのより積極的な住民参加の確保などをどのように進めていけばよいのでしょうか?インドネシアを研究のフィールドとして何十年もの間活躍してこられ、豊かな自然環境を取り戻すために研究活動を続けておられる京都大学の水野広祐先生をゲストにお招きし、研究者の視点から泥炭地回復の手法について語っていただきます。

参加費:無料

申込み:以下の申し込みフォームよりお申し込みください

http://urx3.nu/J4Yf

または、contact-hutan@hutangroup.org

090-8145-1146  (石崎)

ゲスト:水野 広祐さん
京都大学東南アジア地域研究所・総合地球環境学研究所教授
インドネシア地域研究専門

主催:ウータン・森と生活を考える会

協力:気候ネットワーク
関西NGO協議会
プランテーション・ウォッチ(予定)
*本講演は地球環境基金の助成を得て開催します。

6月
3
「サゴ椰子と生きる〜スマトラ泥炭地の村から〜」 「ゆっこのカナダ報告〜ガリアーノ島の住民による持続可能な地域づくり」 @ とよなか国際交流センター
6月 3 @ 13:30 – 16:00
「サゴ椰子と生きる〜スマトラ泥炭地の村から〜」 「ゆっこのカナダ報告〜ガリアーノ島の住民による持続可能な地域づくり」 @ とよなか国際交流センター

 

 

 

 

ウータン・森と生活を考える会 メンバー報告会
「サゴ椰子と生きる〜スマトラ泥炭地の村から〜」
「ゆっこのカナダ報告〜ガリアーノ島の住民による持続可能な地域づくり」

日時:6月3日(日)13:30〜16:00

場所:とよなか国際交流センター 会議室2A
http://www.a-atoms.info/access/

内容:
報告1「サゴ椰子と生きる〜スマトラ泥炭地の村から〜」
神前進一さん

インドネシアの泥炭湿地がアブラヤシ農園やアカシア植林地に転換されて急速に失われてさいくなか、スマトラ島東岸のスンガイ・トホール村では泥炭湿地を保全しながら生活が営まれてきました。そこで栽培されているのは、”サゴヤシ”という幹に多量の澱粉を含む椰子。村人の日々の食料から輸出用工業原料に至るまで、多様な利用が行われています。こうした持続可能な村の暮らしを多くの写真を見ながら紹介します。

報告2「ゆっこのカナダ報告〜ガリアーノ島の住民による持続可能な地域づくり」
武田裕希子さん

ウータンの若手メンバーゆっここと武田裕希子さんは、2017年6月から一年間カナダで自然環境保全に関わる経験を積んできました。カナディアンロッキーとして有名なバンフ国立公園、11月から環境NPOでインターンシップを行っているガリアーノ島、オーガニックやナチュラルな暮らしで有名なネルソン市やソルト・スプリング島、古代からの原生森林が今まさに木材開発会社によって皆伐されているバンクーバー島のワルブラン等で見てきたこと、経験したこと、感じたことなどをご紹介します。

参加費:無料

定員:20人(先着順)

申込み:こちらの申し込みフォームより、お申し込みください。
https://goo.gl/GJdmsj

または、contact-hutan@hutangroup.org , 090-8145-1146(石崎)

問い合わせ:contact-hutan@hutangroup.org

主催:ウータン・森と生活を考える会