Calendar

8月
25
【満員御礼!今年度の募集は終了しました】森の中でのホームステイ ボルネオ島・エコツアー(ウータン・森と生活を考える会)
8月 25 @ 10:00 – 8月 31 @ 16:17
【満員御礼!今年度の募集は終了しました】森の中でのホームステイ ボルネオ島・エコツアー(ウータン・森と生活を考える会)

【満員御礼!今年度の募集は終了しました】

森の中でのホームステイ ボルネオ島・エコツアー
http://hutangroup.org/?page_id=180

オランウータンの棲む豊かな森と
私たちの生活のつながりを体験し
地元の人たちとの交流から
日本でできることを考えるエコツアー

ジャングルの中で植林をしたり
村でじっくりホームステイをする

日本とは一味も二味も違った夏休みを過ごしに
ボルネオ島へ足を伸ばしてみませんか?

☆日時:2018年8月25日(土)~8月31日(金)

☆場所:インドネシア中央カリマンタン州タンジュン・プティン国立公園地区(ボルネオ島)

☆主な内容:
・オランウータンの研究で有名なタンジュン・プティン国立公園でのジャングル・クルージング。オランウータンの他テングザルなどボルネオ特有の動物に出会える!

・ボルネオ島で急速に森が失われている背景、多くの日用品に使われている「パーム油」の生産が起こしている問題について学びます

・森林保護・再生に取り組む地元NGOや村人と一緒に植樹や環境教育を体験します。

・国立公園とアブラヤシ(パーム油の原料)農園とのはざまにある村でのホームステイ。4泊の滞在でホストファミリーや村の子ども達と仲良しに!

*パンフレットはこちら:
http://myticket.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/09c94a032c79c844fe59623de3d40c97.pdf

☆旅行代金:166,000円
(旅行代金に含まれないもの、燃油特別付加運賃:7,400円、関西空港使用料:3,040円、現地空港税:4,500円程度 *5月1日現在。為替レートや原油価格の変動により変わることがあります。渡航手続き費用、旅券印紙代、海外旅行保険、旅行日程に明示されていない飲食代、およびそれにともなう税、サービス料
*その他、予定航空会社等の詳細はこちら:
http://myticket.jp/archives/hutan201808.html

☆お申し込み:
エコツアーの主催者は旅行会社のマイチケットとなります。
こちらのウェブサイトからお問い合わせください。
http://myticket.jp/archives/hutan201808.html

【こんな方にオススメ!】
・環境問題、熱帯林減少、パーム油の問題に関心がある。

・植林活動や環境教育を体験したい。

・ボルネオの自然を体感し、オランウータンなどの動植物に会いたい。

・インドネシアの農村でのホームステイや村人たちとの交流に関心がある。

・国際理解教育や開発教育に関心がある。

【これまでの参加者の声】
・普段日本では味わえない経験や、出会い、またたくさんの知識を得ることができました。物の見方や考え方、価値観が大きく変わりました。(20代・男性・大学生)

・最も印象に残ったことは、村でのホームステイです。初めは言葉もわからず、日本とは文化も文明も違ってどうしようかと不安に思ったのですが、村人の優しさや子どもたちの笑顔に触れて不安もすぐに消え去りました。(20代・女性・大学生)

・景色が素晴らしい。流域に沿ってニッパヤシが生い茂るジャングル。私は、川と森が大好きで満足しました。(60代・男性)

・熱帯雨林の伐採で急激にオラウ―タン等の生息地が狭くなり絶滅の危機にある事や、マングロープの伐採で多くの地域が失われているのを見て、日本では考えていなかった自然破壊が進んでいることも知りました。(70代・男性)

・自身の研究テーマが「開発教育」で、現場で起こっている問題をリアルに表現し行うことへの難しさを感じていていました。この旅で、森と共に生きること、人と共に生きること、動植物、自然と共に生きることを五感で感じることができました。(20代・女性・大学院生)

・日本で森林復元活動に関わっているので、実際に現地で村人が主体になって苗木作りや、森の復元活動を行っている現場に行けたことはとても興味深かったです。(30代・女性・NPO職員)

【ウータン・森と生活を考える会とは】
「森を守りたい」と願う心をもった人々による市民団体。オランウータンを はじめ多様な生物が棲み、先住民に生きる糧を与えてくれるボルネオ島 の自然豊かな熱帯林を、国内外の NGO や現地の村人と共に保全・ 回復し、森林減少の要因となっている商品の消費国・日本での生活を 考える活動を、30 年間市民の力で進めてきました。

公式ウェブサイト:
http://hutangroup.org/

エコツアーのページ
http://hutangroup.org/?page_id=180

 

11月
3
(11/3・土祝)ウータン・森と生活を考える会 30周年記念パーティ海外ゲスト講演&ボルネオ活動報告ビデオ上映「守る!熱帯林 未来にむけて 30年をふりかえる」 @ マイチケット CASA de UME
11月 3 @ 13:00 – 20:45

(11/3・土祝)ウータン・森と生活を考える会 30周年記念パーティ
海外ゲスト講演&ボルネオ活動報告ビデオ上映
「守る!熱帯林 未来にむけて 30年をふりかえる」

ウータン・森と生活を考える会は今年設立30周年を迎えました!
設立当初から当会と関わりのあるマイチケットの会場をお借りし、
ウータンと馴染みの深い海外ゲストと共に30周年の記念パーティを行います。

2階で午後から海外ゲスト講演会、夕方から会食、晩からドキュメンタリー映像作家の中井信介さん
作成のボルネオ活動報告ビデオ上映及び西岡良夫代表とゲストとの対談の3部構成となっております。

3階ではインドネシア料理など簡単なお食事をご用意しております。持ち寄りも大歓迎です。
30年間の写真やヒストリー紹介も展示予定です。
アットホームな雰囲気で行いたいと思っておりますので、
ご歓談等しながらゆっくりとおくつろぎください。

お久しぶりの方も、最近当会を知ったという方も、楽しんでいただける内容を考えています。
お昼から晩までゆっくりと行いますのでご都合のいい時間帯にお越しください。
時間があまり取れないという方も少しでも顔を出していただければ幸いです。

みなさまのご参加をお待ちしております!

【日にち】2018年11月3日(土・祝)

【ところ】マイチケット CASA de UME
尼崎市武庫川町4丁目27-1
(阪神電車 阪神本線『武庫川駅』下車徒歩2分)

アクセス

大阪方面から 『梅田』→(急行13分)→『武庫川』
神戸方面から 『三宮』→(特急14分)→『西宮』→(急行5分)→『武庫川』

武庫川駅下車→東改札(大阪方面からの場合後ろ側)。東改札の左に出口があります。(前に中華料理屋)
「駐輪場の管理事務所」の前を通って「楠霊神社」の看板の坂道をくだり、道なりに進むと右側に8軒並んだ黄色い家の奥から2番目がCASA de UMEです。

【当日のスケジュール】
12:00 開場

〈第1部 講演〉
13:00-14:00 ヤヤットさん講演+質疑
「熱帯林保護の30年を振り返る」
14:00-15:00 イラさん講演+質疑
「タンジュン・ハラパン村での森づくり」
15:00-15:45 会場を交えてのディスカッション
「これからのウータンを通して私たちができる事」

〈第2部 会食〉
16:00-18:00
3階でインドネシア料理、写真展、ヒストリーなどをお楽しみください
*料理の持ち寄り歓迎です!

〈第3部 上映会+対談〉
18:00-19:20
「ボルネオでの活動報告ビデオ上映」
撮影・制作:中井信介さん(ドキュメンタリー映像作家・手わたしプレス)

19:30-20:45
ヤヤットさん、イラさん、西岡良夫(ウータン代表)+会場を交えての対談
「熱帯林の未来を考える」

20:45 終了

【海外ゲスト紹介】
ヤヤットさん
1997年 NGO Telapakに創設期より参加し、インドネシアの違法伐採・貿易の調査を行ってきた。
2000年代には違法材について各国政府に申し入れ、
2003年に違法伐採が原因の洪水で約200人が死亡した事件などを受けて
「ワシントン条約ラミン保護キャンペーン」を日本でも実施依頼。
2007年ウータン等や環境庁による「違法材ラミン停止宣言」のあと
REDD+プロジェクトや村落コミュニティ問題などについて取り組んでいる。

イラさん
タンジュン・プティン国立公園に隣接するタンジュン・ハラパン村の若者。
アブラヤシのプランテーションでの仕事を辞めて、植林や観光による村づくりに奮闘。
村の青年団のリーダーとして将来の村のあり方を考えている。

【申し込み方法】
下記の申し込みフォームからお申込みください。
https://goo.gl/Do9ai7

または、contact-hutan@hutangroup.org
か、090-8145-1146〈石崎〉まで(海外調査時等つながらない場合はご了承ください)

☆申し込みの際に参加される部をお知らせください。
第1部( )
第2部( )
第3部( )
*部分参加も可能です。

☆お料理を持ち寄って下さる方は、その旨もご一報ください。
持ち寄りの有無
有( )・無( )

会場は席が限られていますのでお早めにお申込みいただけると幸いです。

11月6日は東京講演をします。
詳しくはこちら

【主催】ウータン・森と生活を考える会
*講演には地球環境基金の助成が使われます。

11月
6
(11/6 火)ウータン・森と生活を考える会30周年記念海外ゲスト講演「熱帯林保護のこれまで、森林再生のこれから」 @ 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペース
11月 6 @ 18:30 – 20:45

(11/6 火)ウータン・森と生活を考える会30周年記念海外ゲスト講演「熱帯林保護のこれまで、森林再生のこれから」

ウータン・森と生活を考える会は、今年設立30周年を迎えました。
主な活動地のボルネオ島では、熱帯材のための乱伐、違法伐採、先住民への権利侵害などが横行し、
マレーシアやインドネシアの活動家、海外のNGOが協力して熱帯林保護に取り組み、
日本では「違法材ラミン材使用停止宣言」などの成果も出ました。

ウータンが違法伐採後の森林再生をめざしていたインドネシアでは、
パーム油を採るためのアブラヤシ・プランテーションが急速に広がり、
いまや東南アジアの熱帯林破壊最大脅威となっています。

しかし、タンジュン・プティン国立公園に隣接するタンジュン・ハラパン村では、
持続的とはいえないアブラヤシ・プランテーションでの仕事を辞めて、
植林や観光による村づくりに奮闘する若者も出てきました。

長年調査に取り組んできたインドネシアの熟練したNGOスタッフと、開発に翻弄された村の一青年、
それぞれの視点から、熱帯林保護と森林再生のこれからを語っていただきます。

日時:2018年11月6日(火)18:30~20:45(会場18:00)

場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペース
http://www.geoc.jp/access/
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)
渋谷駅から徒歩10分、地下鉄表参道駅出口B2から徒歩5分

参加費:無料

【当日のスケジュール】
18:30 開始
18:35-19:35 ヤヤットさん講演「熱帯林保護の30年を振り返る」
19:40-20:40 イラさん講演「タンジュン・ハラパン村での森づくり」
20:45 終了

【海外ゲスト紹介】
ヤヤットさん
1997年 NGO Telapakに創設期より参加し、インドネシアの違法伐採・貿易の調査を行ってきた。
2000年代には違法材について各国政府に申し入れ、
2003年に違法伐採が原因の洪水で約200人が死亡、
「ワシントン条約ラミン保護キャンペーン」を日本でも実施依頼。
2007年ウータン等や環境庁による「違法材ラミン停止宣言」のあと
REDDプロジェクトや村落コミュニティ問題について取り組んでいる。

イラさん
タンジュン・プティン国立公園に隣接するタンジュン・ハラパン村の若者。
アブラヤシのプランテーションでの仕事を辞めて、植林や観光による村づくりに奮闘。
村の青年団のリーダーとして将来の村のあり方を考えている。

【申し込み方法】
下記の申し込みフォームからお申込みください。
https://goo.gl/2iEg5r

または、contact-hutan@hutangroup.org
090-8145-1146〈石崎〉まで(海外調査時等つながらない場合はご了承ください)

主催:ウータン・森と生活を考える会
共催:プランテーション・ウォッチ

*講演には地球環境基金の助成が使われます。